200113年越しパンダ展

毎年、大阪ではおなじみの『年越しパンダ展』。

それが2020年、東京でも開催(東急ハンズ池袋店にて)ということで、期間中に東京へ向かう予定があったので、足を運んでみた。

お目当ては「大月かずみ」さんの描くパンダたち。

この作家さんとの出会いは、何年か前に大阪へ寄る機会があった際、東急ハンズ梅田店で同じようにパンダグッズを集めたフェアをWEB上で発見したことから。

パンダにハマって早15年ほど。

それまではパンダグッズであればなんでもよく、特に作家さんにこだわることもなかったのですが、年齢的にもあまり子供っぽい絵柄は身に着けられないな~と、考え始めていた頃。

出会ったのである( ゚Д゚!!

かわいい!には違いないけれども、他のパンダグッズにはない表情の豊かさ、どこか腹立たしいが憎めない愛らしさ(今回買った上記のグッズだとブローチがいちばんそんな感じ)。

かつ、このほんわかした絵柄にどうしようもなく感じる癒し。

結局のところ「子供っぽい」かもしれないけれど、こういうのを嫌味なく身に着けられる大人になるのもまたよろし。ちょっとした遊び心もあった方がよろし。

こんな感じでほわほわ生きていたい…という願望もありつつ。

っていうか私の頭の中だいたいこんな感じだなぁと( ゚Д゚)ウム

むしろ私そのものかと( ゚Д゚!!

ファイバークロスは大阪で初めて見た時も買ったのですが、ちょいと汚くなって捨ててしまったので、今回新しいものをお迎えしました。

そしてメガネケース!これを機に、アランジアロンゾのパンダ柄とバトンタッチ。

ありがとう、アランジアロンゾのパンダ。よろしく大月さんのパンダ。

イラストのメガネの色も数種用意してあるという、細かいこだわりぶりだったので、自分のメガネと同じ緑色にしました( ゚Д゚)フフフ

靴下はうれしい。片方だけというのがまたなんとも。

しかしこれは本当に作るのが大変そうである…。

っていうか…パンダが自分の足をよじ登るのってパンダ好き全員の夢ですよね。

あれは本当にパンダの飼育員さんだけに与えられた特権ですわ(*´Д`)

パンダ作家さんは関西に多く(うらやましい)、なかなか足を運ぶ機会もないので、今回タイミング良く足を運べてよかったです。

また出会えるその時まで、せっせと働くのである( ゚Д゚)ノグッ

ぱんだ・ら・もーど

ぱんだら【お仕事▶DTP制作】 パンダとチョコミントの2本立て。 音楽ブログはこちらへお引越ししました→https://note.com/m_panda その都度、縁ある音を捕食して生きています。 ツイッターはこちら!@mikichi_panda

0コメント

  • 1000 / 1000